競馬を投資に変えてしまう馬券術パフォーマンスホース
Home >> - >> スポンサーサイト
Page: 1/30   >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> 中央競馬 >> 菊花賞 予想だん

菊花賞 予想だん

 現在正午。
京都の芝は稍重まで回復しましたね。菊花賞の頃は良発表かな?

午前中には芝のレースは1レースだけでしたが前に行った馬がそのまま残っていますね。距離もレベルも違うのでなんとも言えませんが、今のところは後方一気では苦しいような気がします。

2000年以降の菊花賞のラップを確認。
2000年(晴・良)
13.4-11.2-11.5-12.7-12.7-12.2-13.1-12.7-12.4-12.4-12.4-11.9-11.9-12.1-12.1

2001年(小雨・良)
13.3-11.7-12.3-12.8-12.9-12.6-13.2-13.1-12.8-12.5-12.7-12.0-11.4-11.7-12.2

2002年(晴・良)
12.9-10.7-11.0-11.7-12.0-12.4-13.6-13.7-13.5-13.2-13.2-12.6-11.6-11.7-12.1

2003年(晴・良)
13.0-11.1-11.7-12.7-12.1-12.2-13.0-13.0-12.7-12.8-12.9-11.8-11.5-12.0-12.3

2004年(晴・良)
12.8-11.9-11.3-12.4-12.0-11.9-13.3-12.8-12.8-12.9-13.5-12.3-11.8-11.7-12.3

2005年(晴・良)
13.0-11.6-11.7-12.2-12.7-13.0-13.5-12.6-12.0-12.3-12.2-12.1-12.0-12.1-11.6

2006年(晴・良)
12.8-11.5-11.1-11.6-11.7-11.7-12.9-12.8-12.9-13.2-13.0-11.9-11.2-12.5-11.9

2007年(晴・良)
12.9-11.7-11.7-12.8-11.6-11.9-13.4-12.6-12.9-12.8-12.6-12.0-11.6-11.9-12.7

2008年(曇・良)
12.9-12.2-11.0-11.7-11.0-12.2-13.9-13.8-13.5-13.3-12.9-12.0-11.5-12.1-11.7

2009年(晴・良)
12.9-11.5-11.7-11.9-11.9-12.1-12.6-12.6-12.5-13.4-12.9-11.7-11.4-12.2-12.2

2010年(小雨・良)
13.2-11.5-11.8-12.5-12.0-12.5-13.2-13.0-13.1-12.7-13.0-12.0-11.8-11.9-11.9

レースラップは逃げ馬が作るペースにもよりますが、さすがに2周目の3コーナーの上りではラップがぐっと落ちています。坂を下った残り800mからペースが上がって各馬動き出して平坦な直線をなだれ込むイメージ。4角では前から7,8番手以内にはつけていたいところです。ただ、腹をくくって直線勝負にかけた馬が突っ込んでくる可能性もありますから気を付けなければいけません。しかし、今日の馬場ではどうか?

先週の秋華賞では内を走った馬が好走していましたが、それは今週も同じかと思います。昨日の芝のレースもそんな傾向。位置取り争いがはげしくなるかもしれません。

オルフェーブルの強さを認めるとしても、京都独特のコース特性を考えると経験が大切かな?と無理やり考えて予想をしたいと思います。

今年の5月7日に行われた京都新聞杯2200m(晴・良)。
12.5-11.0-12.3-12.4-12.4-13.2-13.1-12.3-11.2-11.3-11.8
ここで2着したのが4番ユニバーサルバンク。3番手追走から34.0の上がりで2着。レースラップも例年の菊花賞によく似ています。このラップを経験していて、しかも2着の実績は見逃せません。

このレース4着のルイーザシアターも気になります。夏は北海道で使われ前走は中山2500m。今ひとつのレースが続いている印象ですが内枠とコース経験、前で競馬できる脚質が向いているのではないかと思い込み。

他に気になるのは8番ベルシャザール
540キロもある大型馬で切れ味はありませんが、簡単には止まらない。直線に坂のある中山のセントライト記念でも前で競馬して4着。不良馬場のダービーで3着しているように緩めの馬場は得意でしょう。なだれ込むというイメージが一番つきやすい馬。

注目しているのは16番ダノンマックイン
デビュー時はダートを使われていましたが芝に変わって2戦目で勝ち上がり、あとは一貫して2000m以上のレースを使われてきました。前走は昇級戦にもかかわらず3番手を進んで、同世代の素質馬ダコール、ギュスターブクライを抑えこみました。菊花賞出走にふさわしい。


馬券はワイドをたくさん買います。
それでも軸が4、8なら高配当も期待。
4・8・16−1・2・4・8・9・11・12・17・18
フォーメーションで24通り。来れば元はとれます。
オルフェーブルを一点も買わないことを誓います。

| nohesan | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:中央競馬
Home >> 中央競馬 >> 秋華賞はアヴェンチュラが快勝

秋華賞はアヴェンチュラが快勝

第16回秋華賞はアヴェンチュラが完勝でした。
4コーナー手前から追ってましたねえ。この手の騎乗は岩田騎手らしくていいですねえ。上がりの勝負に持ち込まれないためにもベストの騎乗でした。強かった。

2着には個人的にはノーマークだったキョウワジャンヌ。
枠もよく伏兵視していた人も多かったようですね。母系から2000mは長いと考えていたのですがキッチリこなしました。いいレースでしたね。

ホエールキャプチャは残念ながら3着。
G1になかなか手がとどかないのは気の毒ですが、これはしかたがありません。内に潜り込んで突っ込んでくるイメージのある馬ですが、今日は外を回って追い込んで来ざるをえませんでした。力負けではないと思いますが残念。

このブログで軸にしていた2頭。
16番カルマートは道中も良い位置にいたのですが14着に沈んでしまいました。稍重の馬場が影響したかもしれません。また、8番のデルマドゥルガーは上がり2番目のタイムで追い込んだのですが6着が精一杯。もう少し前で競馬をしてればなあ..と思わなくはありません。母系ジェイドロバリーからも馬場が味方しそうな気がしていたのですが残念です。

勝負にならないと考えていた紫苑S組のアカンサスは上がり最速で追い込んでの4着。ひと叩きされて状態が良くなっていたのでしょうね。驚きました。

予想は残念な結果に終わりましたが、やっぱG1は華やかでよろしいですね。

アヴェンチュラはエリザベス女王杯に出てくるのかな?
東京ではアパパネが惨敗してしまいましたから牝馬戦線もカオスです。

来週は菊花賞。
G1が続くって素晴らしい!



府中牝馬Sの上位馬イタリアンレッド、アニメイトバイオ、フミノイマージンは強いレースをしました。凱旋門賞でも3着した昨年の優勝馬スノーフェアリーはエリ女に出るかジャパンカップに出るかわかりませんが面白くなりそうです。スノーフェアリーを負かす牝馬が日本にいると信じたい。

JUGEMテーマ:スポーツ
| nohesan | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:中央競馬
Home >> 中央競馬 >> 第16回秋華賞 予想だん。

第16回秋華賞 予想だん。

JUGEMテーマ:スポーツ
 
牝馬三冠の最終戦、第16回秋華賞の予想を。
馬場はどうなんでしょうねぇ。今日は晴れ予想ですから良に回復する前提で。

2003年以降のラップタイムを見てみたですよ。

2010.10.17 秋華賞
12.0-10.8-12.0-11.9-11.8-12.8-12.5-11.6-11.2-11.8

2009.10.18
12.3-10.3-11.4-11.9-12.1-12.8-12.2-12.0-11.6-11.6

2008.10.19
12.3-10.4-12.3-12.2-11.4-12.5-11.9-11.5-11.8-12.1

2007.10.14
12.3-10.4-11.5-12.2-12.8-13.6-12.4-11.3-11.1-11.5

2006.10.15
12.0-10.6-11.9-12.0-11.9-12.2-12.0-12.0-11.6-12.0

2005.10.16
12.4-11.0-12.2-12.2-12.3-12.3-11.8-11.6-11.3-12.1

2004.10.17
12.4-11.0-12.1-12.4-12.0-12.0-11.6-11.7-11.6-11.6

2003.10.19
12.5-11.0-11.9-12.2-12.2-12.1-11.7-11.6-11.9-12.0

いや〜よどみません。
生真面目に刻みますね、3歳牝馬たちは。
800〜1200mの間にややゆるみますが、それさえもないのが2006年までのレースは鬼ですね。これはキツイ。2007年以降は1200〜1400mは一旦緩んでますが上がりの3Fは11秒台連発で上がってくることも多いのですね。

このパターンに近いレースがトライアルにあったのですよ。
9月10日に中山競馬場で行われた紫苑ステークス
ラップを見てみましょう。

2011.9.10 紫苑ステークス 芝2000m
12.2-10.8-11.6-12.3-12.2-11.9-12.0-11.8-11.6-11.8

過去の秋華賞のラップともよく似ています。
似ていると言いますよりも、よりキツイ流れではないかと思うのです。
最後の直線に急坂のある中山競馬場。それでいながら上がり3Fが11秒台連発。
このレースを経験して出てくる馬は怖いのではないかと思うのです。

今年の紫苑ステークスの結果..
1着:カルマート
2着:デルマドゥルガー
この2頭のタイム1.58.2はレコードでした。
カルマートは道中7番手から4角では4番手。上がり3位タイの34.6。
デルマドゥルガーは道中12番手、4角6番手までまくって上がりは最速タイの34.4。
2頭の差はハナ。

この厳しい流れについてこれなかったのが、道中4、5番手を進んだアカンサス、道中7番手のフレンチボウ、2番手を進んだピュアブリーゼ、4番手のスピードリッパー。これらの馬は明日の秋華賞でも厳しいと見ておりますです。

逆に後方から追い込んだ5着マイネソシエール(上がり34.8)、7着リトルダーリン(上がり34.4)あたりはハマれば怖いです。

もちろんローズS組は怖いです。しかしローズSが果たして厳しいレースだったのか?というと少し疑問。
ラップを見てみましょう。
13.0-11.6-12.1-12.6-12.4-12.3-11.2-10.9-12.0
京都・中山・阪神の馬場の違い、距離の違いなどありますから一概には言えないのですが、例年の秋華賞や今年の紫苑ステークスと比較するならば比較的ラクな展開だったのではないかとも思えるのです。上位5着までの上がりが33秒台というのは凄いけど。。

アヴェンチュラはどうなんでしょう?
8月14日クイーンSの勝ち馬ですね。開催序盤は速い時計連発だった今年の札幌開催。クイーンSは開催2日目のそんな状態で行われました。ラップタイムは下記の通り。

12.4-11.0-11.7-11.6-11.7-11.9-12.1-12.0-12.2
前傾ラップを押し切った内容は強かった。前述のデルマドゥルガーも出走していましたが10着と惨敗。休み明けと、叩き2走目の差ばかりではないでしょう。しかしこのレースのアヴェンチュラの斤量は52キロ。でも490キロ前後の馬体ですから大丈夫か..。秋華賞を勝つにはおあつらえ向きの血統も魅力。期待。

しかし、池添騎手はホエールキャプチャとアヴェンチュラの主戦だったわけね。ホエールキャプチャはG1欲しいですね。もし勝てば秋のG1はクロフネが2連勝ということになるのですね。スプリンターズステークスに続いて。それもまた凄い。って、カレンチャンも池添騎手じゃないですか!こうなったら獲れ!

そうは言いつつ馬券は別。穴狙いでまいります。
やはり紫苑ステークス組を中心視。連対馬が出ていないレースですが歴史はいつか変わるもの。

馬連 8・16−4・8・12 5点

ワイド 4・8・12・16−3・7・8・12・15・17・18 25点

3連複 8・16−3・4・7・12・15・17・18 7点


本当は普通にホエールキャプチャに勝ってほしかったりします...


| nohesan | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:中央競馬
Home >> 中央競馬 >> マイルCS南部杯的中させていただきました

マイルCS南部杯的中させていただきました

東京競馬場で行われた今年のマイルCS南部杯。
まれに見る名勝負でございました。TwitterのTLを見ましても馬券が外れた人も清々しく「アッパレ」とツイートしておりましたですよ。

馬券の方はなんとか的中しましたですね。
馬連
11−1・6・7・12 

3連複
6・11−1・5・7 この3点は厚めに買っておきたいですね。
6・11−8・9・12・15 こちらはお楽しみ程度に。
こんな感じで予想しておりました。

馬連6−11 600円
3連複6−8−11 3,610円

3着にシルクフォーチュンが来てくれたお陰で3連複はなかなかおいしい配当になりました。と同時に、これなら三連単もいけた....と思わなくはない。でも、3連単は買わない主義だからしかたないですけど。

今日のレースのラップが凄かった。
12.0-10.9-11.4-11.8-11.7-11.5-.12.4-13.1
なんという前傾ラップ。

エスポワールシチーと松岡騎手が作ったこの壮絶ラップ。
並の馬では潰されてしまいます。

2月のフェブラリーステークスのラップはこちら
12.6-11.2-11.9-12.2-12.2-12.1-11.9-12.3 

違いは歴然。
そしてこの両レースを勝ったトランセンドの凄さ!しかも2番手追走での勝利!
そしてこのラップを刻んだ上に4着に粘ったエスポワールシチーの凄さ!
3番手で追いかけて2着したダノンカモンの凄さ!
素晴らしいレースでした。

来週は秋華賞。
ホエールキャプチャに勝って欲しいなあ。 

ちなみに最終レース専門の予想サイトでは、
オーロカップの3連単的中をお届けできましたです。
好走する血統がドンピシャにハマってくれたレースでございました。



| nohesan | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:中央競馬
Home >> 中央競馬 >> マイルCS南部杯の予想です

マイルCS南部杯の予想です

マイルCS南部杯が東京競馬場で行われるのは不思議な感じ。
ブルーコンコルドが勝った南部杯を盛岡競馬場に見に行ったことを思い出します。

G1(正確にはJpn1)ということを考えればフェブラリーSと似たような展開になるのか?
2011.2.20 フェブラリーステークス/トランセンド
12.6-11.2-11.9-12.2-12.2-12.1-11.9-12.3 

2010.2.21 フェブラリーS/エスポワールシチー
12.1-11.0-11.7-12.2-12.2-12.1-11.6-12.0 

エスポワールシチーが作ったペースは改めてみると凄まじい。
これで走られたらトランセンドも厳しい感じがします。先行し、且つ上がり35秒台を出さなければ勝てないということですからね。しかしエスポワールシチーはアメリカから帰ってからは今ひとつです。とてもキレイな馬なので好きなのですが、現在の力はトランセンドに及ばない印象。

トランセンドはドバイ以来のレース。
ドバイは終始左を向いて妙にカワイイ体(てい)で、でもヴィクトリーピサに絡まれてもペースを乱さずゴールまで粘りました。あの走りには驚きました。精神力がハンパないですね。左向いてたから気にならなかったというわけでもないでしょうに..。厩舎の助手の方は「7、8割の出来」とおっしゃっていますがやはり本命はこの馬でしょうね。

難しいのはこの2頭が同じ「逃げ」の脚質ということ。しかも規格外の逃げ馬。エスポには意地でも引かないでほしいなあ。控えると闘志が減退してしまうような感じなのですよね。トランセンドと最後までやりあってゴールしたら勝っても負けてもすごいレースになる予感。ぜひ!

この2頭が作るペースについて行けそうなのが6番ダノンカモン
2010.11.14 武蔵野S
12.3-11.5-12.1-12.3-12.6-12.0-11.8-12.0 
このレースの2着がダノンカモン(上がり35.7)
800m〜1000mまではもう少し速くなる可能性が高いので、そこを我慢できれば好勝負必至。上がり35秒台の脚を使える馬ですからハマれば逆転まで。

他に注目されているのは5番ランフォルセ。
北海道で2連勝して注目度アップです。この馬は東京のサンプルが少ないのですが昨年11月の錦秋Sで勝利しています。
12.8-11.0-11.8-11.8-12.6-12.4-12.0-12.3
このレースを上がり35.3で勝利。最初の200mの遅さ、800~1200mまでのペースの緩みがありますので、フェブラリーSのようなラップでレースが進むと辛いかもしれません。しかし今年に入って4戦3勝2着1回は凄い。もちろん買い目に入ります。

人気を落としているのが1番バーディバーディ
前走は札幌のエルムS。アレアレの11着でしたが間隔が開いていたのが原因かもしれません。今年のフェブラリーSではトランセンドの0.2差3着。G1のペースにも慣れていますから軽視は禁物です。5、6番手あたりで折り合えば粘っこく馬券圏内に残る可能性大です。
1頭気になる馬がいるので追加して書きます。

12番ダイショウジェット。すでに8歳、上積みはないと思われますし、G1で勝ち負けは厳しいでしょう。しかしこの馬、昨年5月のオアシスS(オープン)で厳しいラップのレースを勝っています。この時の上がり3Fが35.4。レース全体の上がりが36.1ですからその凄さがわかります。しかも、レース中ラップの緩みがない、このレースを勝っているのです。これは怖い、怖すぎる。ということで注目しているのであります。

2010.5.9 オアシスS
12.5-10.9-11.6-12.1-12.1-12.0-11.9-12.2


買い目は以下のとおり。

馬連
11−1・6・7・12 
4倍台〜90倍台までお楽しみ。

3連複は2頭軸ながしで狙ってみましょう。
6・11−1・5・7 この3点は厚めに買っておきたいですね。
6・11−8・9・12・15 こちらはお楽しみ程度に。

発走は15:40

クロフネ産駒ブラボーデイジーか〜。
ロベルト系1・5・6にワイドというのは乙かも。
この馬突然走りますし。。気になるです。

ん!雨?



JUGEMテーマ:スポーツ
| nohesan | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:中央競馬
Home >> 中央競馬 >> 産経賞オールカマー 予想

産経賞オールカマー 予想

 明日の中山11レース・オールカマーの予想など。

アーネストリーで決まりでしょう。
そう決まりでしょう。

少頭数ですし、メンバーも楽ですし、ここでは負けないだろうと。
軽い捻挫で札幌記念を回避したとはいえ、あの豪華メンバーの宝塚記念を制している現役屈指の馬ですからね。

その宝塚記念ではアーネストリー→エイシンフラッシュ→ブエナビスタの3連単一点勝負をしてゴール前絶叫してしまったのも今は昔。結果は御存知の通り2着3着が逆ならねえ...でございました。

中山は過去1戦して4着1回。(2009年3月の日経賞)
当時は準オープンを勝ち上がったばかりの身。
現在とは状況が違います。

しかし、現在単勝1.4倍の馬を1着固定で買うのは好きではありません。
ご提案したいのはアーネストリー2着固定の三連単。

2・3・4・6−7−2・3・4・6・9
16通り。これなら万馬券まで狙えるです。

過去3年間、中山芝2200mではグラスワンダー産駒の好走はありません。
勝ち星を上げているのは.....
キングカメハメハ(4-3-3)
タニノギムレット(2-3-0)
チーフベアハート(2-2-0)
マンハッタンカフェ(1-3-1)
ホワイトマズル(1-1-1)
デュランダル(1-0-0)

母父を見てみても...
サンデーサイレンス(3-2-1)
Storm Cat(2-0-1)
ジェネラス(2-0-0)
フジキセキ(1-1-0)
ヴアリイフオージュ(1-0-0)
Boston Harbor(1-0-0)
Alzo(1-0-0)
Nureyev(0-3-0)
Prego(0-2-0)
ナリタブライアン(0-1-0)
トニービン(0-1-0)
など...

アーネストリーは父グラスワンダー・母父トニービン。
血統的には軸として推奨できる馬ではありません。

前で競馬できますし、自分でレースを作れる脚質は魅力。
そして誰もが認める実力。

2着でしょう。

血統面で魅力なのは3番マコトギャラクシー。
父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンス。完璧。
中山がとっても得意なこの馬。騎手の吉田豊もこの条件では成績上位。
格上挑戦ですが侮れませんよ。

4番マイネルラクリマは中山2200mで過去3年に2勝を上げているチーフベアハート産駒。
母父サンデーサイレンスとこちらも勝ちに近い配合。
しかもアーネストリーとは5キロの斤量差。逆転まであるかも。

2番コロンバスサークルと9番シャドウゲイトはともにホワイトマズル産駒。
母父サンデーサイレンスも一緒。複勝圏内は考えられる血統ではないのか!!

上記の3連単の他に、アーネストリーを外したワイドもあり?
4・6−2・3・4・9 など..


ゲシュタルトで悩んでいます。

はい、ゲシュタルト来ました。来てしまいました。
すみません。買いました、ゲシュタルト。

3連複6・7二頭軸から買いました。
でも安かったです。13倍。

アーネストリーは出来がよく見えませんでしたが、強かった。
3連単がほしかったすなぁ。


| nohesan | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:中央競馬
Home >> 中央競馬 >> 中山11レース ながつきステークスの予想

中山11レース ながつきステークスの予想

 
JUGEMテーマ:スポーツ


穴っぽいニオイをプンプンさせているのが5番パールシャドウ。
このコース相性のよいクロフネ産駒。

芝中心に使われてきた本馬ですがダートでこそではないかな?

前走はほぼ4ヶ月ぶりのレースにマイナス10キロで出走。
あまり馬体重が減っていないことを祈ります。

前日オッズで51.4倍の9番人気。
おいしゅうございます。

中山ダート1800mはもともとクロフネ産駒が抜群の成績をおさめているコース。
これに続くのはシンボリクリスエスなどのロベルト系。
ティンバーカントリーやアグネスデジタルなどのミスプロ系も強いですよ。
と、JRA-VANのコース解説に書いてあります。

ところが、今開催の中山では少し違う傾向が出ています。
ミスプロ系は強いのですが、ロベルト系は思ったほどの成績ではありません。
サンデー系も今ひとつ。

※それでも馬券には絡んでいますので無視はダメです。

傾向がはっきりと出ているのは母父の血統。
ここはミスプロ系が圧倒的なのです。

そんなことを気にして「ながつきステークス」出走馬の血統を見ると...
好走しそうな馬だらけ....

それはそうですよね。
準オープンのレースに出てくる馬たちなのですから、それなりの血統背景は持っていて不思議ありません。

前日1番人気の2番トーセンアレスはミスプロ×ミスプロ。

3番ラドラーダはロベルト系×ミスプロ系。母父シーキングザゴールドは自身もアメリカのG1で2着2回の強い馬でした。すでに種牡馬は引退していますが、最近、母父でよく見かけます。芝を使われてきた当馬ですが血統的にはダートに向いていそう。要注意。

4番マリアージュもロベルト系×ミスプロ系。現在6番人気。
7番ドットコムもロベルト系×ミスプロ系。この馬は障害を走ったり、戻って芝を走ったりと頑張っていますが苦戦していました。ところが2走前からダートを使って連続2着。前走のように比較的前で競馬をするようですと何かが起こりそう。前日6番人気タイ。

9番プレシャスジェムズはロベルト系×ストームバード系。先行馬有利な中山ダート1800mにぴったりの脚質。実際中山でのレースは安定した成績です。前日42.9倍の8番人気。

10番マエストラーレはサンデー系ネオユニヴァース×ミスプロ系。母父ティンバーカントリーはよく穴をあけていますよ。怖いですね〜。後ろからの競馬が多いので脚質的にはこのコースに不向きかも。鞍上は怖いヨシトミ様。気になります。

12番のポイマンドレースはロベルト系×サンデー系。母系にはミスプロ系の血も入っていますので、このコースには向いている血統だと思います。今年に入ってからは苦戦続き。初の中山コースとマイナス材料もありますが、前日14.3倍は3番人気。

13番ベルモントガリバーはミスプロ系ティンバーカントリーの産駒。母父はダンジグ系アジュディケーティング。今年は2月で1度走っただけ(金蹄S4着)ですが、その時は3番人気。脚質は自在性があって後方からの追い込みでも、好位差しでも勝っています。久々でも見限れない。大幅な馬体重増ならば見送りますが..

14番インフィニットエアはロベルト系×サンデー系。母父はサンデーサイレンス。母系にはノーザンテーストがいて魅力的な配合です。近走は今一歩の成績ですが、3ヶ月ぶりのレースでどう変わっているか?51.4倍で9番人気タイ。いや、おいしいかも。

血統だけ見てもこれだけ気になる馬がいるのですから予想は困難を極めます。

こんな時は、このコースが荒れるコースなのかどうか?
ここに注目。

今開催の中山1800mは荒れていません。そんなに。
中山競馬場ダート1800mの傾向はこちらで

1番・2番人気が強く各3勝。
6番人気が2勝。前日の6番人気は4番マリアージュと7番ドットコム。
フム。。
ほかは3番・4番人気が各1勝しています。

3着以内までに入った馬を見れば10番人気までは圏内かな?

ちなみに全10戦中、1番人気と2番人気で決まったレースは2レース。
これは多いのか少ないのか?

馬券の買い方としては、馬連やワイドのフォーメーションが適切かも。

馬連なら 1番・2番人気-3〜6番人気 8点
ワイドなら 1〜4番人気-5〜8番人気 16点

買い目は
たとえば前日オッズの4番人気-5番人気のワイドで70倍以上つきます。
レース前にはもう少し下がっていると思いますけどね。。

ま、悪くない買い方ではないかと。


それにしても前日のドットコムの複勝オッズが気になるなあ。
単勝7番人気の36.7倍に対して複勝は2番人気のラドラーダと同じ1.8-3.8倍。
5番パールシャドウも単勝51.4倍に対して複勝2.4-5.4倍。
1番ドリームリバイバルは単勝85.7倍に対して複勝3.0-6.8倍。
ほかにも4番、11番の複勝オッズが気になりますわ。

逆に複勝人気がなさすぎる9番プレシャスジェムズも気になる...

レース当日(といっても今日ですが)のオッズの動きに注目しなければ!

6番人気〜11番人気の馬が明日は一波乱起こすかもしれませんよ。
ドットコムから流そうかしら...
鞍上の吉田豊騎手はこのコースで今開催の成績がいいし...

ワイドは10番マエストラーレ絡みのオッズが低すぎる!

結論は.....
困った時の同一種牡馬馬券。

ワイド 4-7
ワイドBOX 3・9・14

一眠りしてもう一度考えまする。


一眠りで爆睡してしまい、考える間もなくレース。
結果は9-1-2。

9番プレシャスジェムズは前日20時30分頃にまだ買われていなかっただけ。
最終的には2番人気。脚質合うんですね、やはり。

2着は11番人気、1番ドリームリバイバル。
昨夜の段階で単勝の割に複勝が売れていた馬の1頭。
穴をあけたのはあなたでしたか...

悔しすなあ。

この後オールカマーの予想記事を書くです。

| nohesan | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:中央競馬
Home >> 中央競馬 >> 札幌エルムステークスの予想

札幌エルムステークスの予想

7レースではカスガが勝ちましか...
2年以上勝ち鞍なかったから軽視してしまいましたよ..

やっぱり札幌の1番人気は信頼性が高いのかなぁ。

今日の札幌メインはダート重賞エルムステークス

1番人気はシンボリクリスエス産駒5番のランフォルセ。
しかし1倍台になるんですねえ。

2番人気はバーディバーディ。
どんな馬と走ってもよく走りますが、今後勝つことはないのではないかと心配になります。今回も3着希望で。でも本当はランフォルセよりも強んじゃね?と思ってはいます。

お!とここで札幌8レースで馬連的中っぽい。
フレンチデピュティのワンツー。

エルムステークスにもヴァイスリージェント系が2頭。
クロフネ産駒 1番スターシップ、4番ダイワルビア。
しかし馬券圏内には届かないのではないかな。
どうせなら人気が全くないダイワルビアをヒモに入れてみたりして。

サンデー系からはマンハッタンカフェ産駒が3頭。
キッズアプローズは1000万下を勝ったばかりで重賞では疑問。
マンハッタンスカイの出走はなぜ?でも先行したらしぶとかったりして。
普通に考えれば9番エーシンモアオーバー。ダートの実績馬です。時々脆さを見せる時があるのが心配です。

ワイルドラッシュ産駒のクリールパッションは押さえまで。

実は期待しているのは12番メダリアビートではございませんか?
北海道の3戦を4着・3着・1着と順調に実績を積んできての重賞挑戦。
二度目の重賞ですが前回とは違うはず。

でも軸はランフォルセかなあ・・
三連複フォーメーション

5−9・11・12ー3・4・9・10・11
12通り

700円から4万円までバラエティ豊富に取り揃えてございます。

結果は...
1着5番ランフォルセ
2着6番オーロマイスター
3着9番エーシンモアオーバー
オーロマイスターですか...
59キロ背負って来るとは思いませんでしたわ...
この馬の馬券をとったことがございません。
相性悪すぎです。

最終レースの予想と結果はこちらのサイトで
最終レースに特化した競馬予想ブログなのですが、まだ的中したことがないようです。血統分析が中心の予想なのですが、当たらなくちゃ意味なしだわ。




JUGEMテーマ:スポーツ
 
| nohesan | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:中央競馬
Home >> 中央競馬 >> 札幌8レース予想だよ。

札幌8レース予想だよ。

 今日の札幌はダートの1700mが多いなあ。

記事をアップするまでに7Rは終わってしまうと思うので
8レースの予想を書きますよ。

8レースは500万下のレース。
この条件は父馬がサンデーサイレンス系とミスプロ系の馬が強いです。
ほかはロベルト系かリファール系。ヴァイスリージェント系も安定した成績を残しています。

本命は11番リアルフリーダム。
サンデー系ネオユニヴァース産駒で母父トニービンも悪くありません。
休み明け3戦目でそろそろ走り頃では?

フレンチデピュティ産駒の2頭が相手です。
4番トミケンヒーローは7ヶ月ぶりですが人気になっていますね。血統の良さと能力で、ここは押し切っても不思議はありません。

5番リリーストライカーは7ヶ月ぶりを1度使っての今回。
すんなりハナに立って粘れるか?

穴はウォーエンブレム産駒、母父ダンスインザダークの8番ヴィジレ。
バランスが良い血統だと思いますよ。人気がなくて良い。惨敗もあり♪

馬連は4・5・11のボックス
9〜19倍といったところ

三連複はフォーメーション
11−4・5−1・2・4・8・12
万馬券もあるよ♪


JUGEMテーマ:スポーツ

| nohesan | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:中央競馬
Home >> 中央競馬 >> ダークシャドウの強さにがっかり

ダークシャドウの強さにがっかり

 ダークシャドウが想像以上に強かった。
恐れ入りました。

本命のセイクリッドバレーは3着を確保したもののチグハグでした。
こんなことにならなければ...という不安的中。もう少し前で競馬出来ればなぁ。

穴で注目のキャプテンベガは頑張っての4着。
馬場、レースとの相性の良さを見せてくれました。
最後はセイクリッドバレーとの3着争いになってしまったのが皮肉。

2着のエーブチェアマンも買い目に入っていた馬だったのに馬券は不的中。
軸馬選びに失敗してしまいました。

もともとが穴を狙っている予想ではありますが、やはり競馬は当たってなんぼ。
そしてその基本はなんといっても軸馬選び。いたずらに高配当を狙ってばかりいてもしかたないか...

来週からは少し予想のスタンスを変えてみなくちゃいけません。
そもそもエプソムカップだって1番人気からの馬券で、馬連18.2倍、三連複29.1倍。普通に考えれば悪い配当ではありませんでした...

反省はこれぐらいにして来週もがんばろう!
| nohesan | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark | category:中央競馬

競馬で儲ける方法を伝授します

ワイド馬券で、複利で儲ける投資競馬の決定版!!

限定50部 馬券プロの馬券術

1日で資金2倍の馬券術

人気薄の馬を狙ってワイド馬券を的中させる方法です

ランキングに参加?

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode